tel.045-307-3735
web予約

CPC大腸・胃内視鏡クリニック

胃内視鏡検査

Gastroscopy胃内視鏡検査

Inspection flow胃内視鏡検査の流れ

胃に関する症状がある方

まずは一度診察にご来院ください。
症状によっては緊急での上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)を行わせて頂きます。その際、食後の状態では検査が不可能ですので、出来れば空腹の状態で来院してください。最近の採血データ、現在内服しているお薬の内容がわかるもの等を必ずご持参ください。

検診で要精密検査になった方、経時的な経過観察が必要とされている方

出来れば、一度来院をされてください。ネット予約、若しくは電話で検査の予約も可能です。

インシュリン、経口血糖降下薬などのお薬を使用されている方は事前外来を受診してください。事前来院をされないでも、上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)を受けて頂けます。最近の採血データ、現在内服しているお薬の内容がわかるもの等を必ずご持参ください。

検査当日の流れ

検査当日朝食は食べないでください。水、白湯、麦茶は飲まれてもかまいません。午後から胃内視鏡の方は、朝食はスープやゼリー食を摂取し、昼食は食べないでください。通常飲まれている内服薬は、特に注意をされていないものに関しては、少量の水で内服してください。インシュリン、経口血糖降下薬などのお薬を使用されている方は、事前に注意をさせて頂きます。

鎮痛剤鎮静剤を使用して検査を受けて頂きます。
車、バイク、自転車等での来院はお避けください。服装はゆったりしたもの。口紅、マネキュア、ネイルは外してください。

1.受付問診
当日の体調、服用中のお薬、アレルギーの確認などを行います。時間に余裕を持ってのご来院をお願いいたします。胃カメラのみの方はお着替えの必要はありません。専用スペースでくつろいで順番をお待ちください。貴重品につきましては、お預かり出来かねます。ロッカーに入れ、必ず鍵をかけるようにしてください。
2.上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)
ストレッチャーの上で横になって頂き点滴を行います喉の麻酔を行った後、マウスピースを軽くくわえて頂きます。点滴から鎮痛剤鎮静剤(眠くなる薬)を注射して検査を受けて頂きます。
3.検査後
十分休んで頂いきますが、鎮静剤の影響で、ふらつき、吐き気、眠気、視力低下等の症状が現れる事があります。必ず公共の交通機関で来院されるようにしてください。パウダールームもご使用ください。検査結果を説明させて頂き、検査後の注意点をお伝えさせて頂きます。
電話はこちら