tel.045-307-3735
web予約

CPC大腸・胃内視鏡クリニック

胃腸内科

Gastroenterology胃腸内科

胃腸内科では、胃腸の病気に対して専門的な診療を行います。

主な症状

  • 胃の不快感、胃の痛み、吐き気、食欲不振
  • 検診で胃の異常を指摘された
  • 下痢が続く
  • 血便が出る
  • 以前、大腸にポリープがあると言われたことがある
  • 食後にお腹や背中が痛くなる
  • 腹痛と発熱が続く
  • 体重が減った
  • 便が細くなった

上記の症状がある方はすぐにご相談下さい。

主な病気

  • 食道炎、逆流性食道炎
  • 食道がん
  • 急性胃炎、急性胃潰瘍、慢性胃潰瘍、慢性胃炎、機能性胃症
  • 胃がん、十二指腸潰瘍、小腸潰瘍、吸収不良症候群
  • 急性大腸炎、虚血性腸炎
  • 大腸がん、潰瘍性大腸炎、クロ―ン病、大腸憩室症、過敏性腸症候群
  • 便秘症など

ピロリ菌の検査と治療のご案内

ピロリ菌は胃癌のリスク因子の一つです。
禁煙により肺癌のリスクが低くなるのと同様にピロリ菌を除菌することで胃癌のリスクが低くなります。当院では、上部内視鏡時にピロリ菌感染が疑われる方には、ピロリ菌のチェックを行います。もし、ピロリ菌が存在すれば、除菌をお勧めします。