tel.045-307-3735
web予約

CPC大腸・胃内視鏡クリニック

診療のご案内

Medical診療のご案内

大腸内視鏡検査

大腸がん、大腸ポリープ、炎症性疾患などの病気を見つけ、診断するのに非常に有効です。また組織の一部を採取したり、病変を切除したりも出来ます。

ポリープ切除術

日帰り大腸ポリープ切除は患者様の時間的、経済的負担が少ない治療法です。内視鏡専門医が、安全性の高い正確な治療を行います。

胃内視鏡検査

上部内視鏡検査では、胃がん、食道がん、十二指腸がんといった悪性腫瘍などの他に、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、急性胃炎、慢性胃炎、胃ポリープ、十二指腸ポリープ、逆流性食道炎といった疾患の診断・検査に有効です。

胃腸内科

胃腸内科では、胃腸の病気に対して専門的な診療を行います。

消化器内科

消化器内科では主に口から肛門までの消化管(食道・胃・小腸・大腸)の病気を扱っています。これらの臓器に異常が起こるとさまざまな症状が出てきます。

炎症性腸疾患内科

口から肛門に至る消化管に慢性炎症が起きる疾患を炎症性腸疾患IBDと呼びます。大まかには潰瘍性大腸炎(Ulcerative Colitis)及びクローン病(Crohn’s Disease)をさします。どちらの病気も原因は不明ですが、免疫機能の異常、遺伝、食物、腸内細菌などが関連していると考えられています。対症療法がメインですが、治療法の進歩により緩解状態を維持できる方が増えています。

便秘外来

便秘とは「本来体外に排出すべき糞便を十分量かつ快適に排出できない状態」2017年に日本では初めて便秘治療に対するガイドラインが作成されました。その中で定義された一文です。便秘の原因は基本的には生活習慣です。然しながら、その中にほかの疾患(大腸癌など)が隠れていることもあります。当院では、今までに大腸内視鏡を受けていない方には一度検査を受けることをお勧めします。その上で、その方々に合った治療を考慮していきます。

ピロリ菌

ピロリ菌は胃癌のリスク因子の一つです。
禁煙により肺癌のリスクが低くなるのと同様にピロリ菌を除菌することで胃癌のリスクが低くなります。